So-net無料ブログ作成

ノスタルジックカー新聞  第364号 [ノスタルジックカー新聞]

ノ┃ス┃タ┃ル┃ジ┃ッ┃ク┃カ┃ー┃新┃聞
 ┛━ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

     ● 第364号 2012年 6月28日


*****************************

     毎週木曜日発行予定   発行部数 それなりの数

     老眼にやさしい「老眼モード」で作成しております。


From エディター

おはようございます。

このところのイベント続きで2回お休みをいただきました。

週間新聞が危く月間新聞になるところです。

大変失礼いたしました。

特にこのところ新規のお申し込みを頂いた方が沢山いただいており、出だしからこの体たらくではがっかりさ

れたことと思います。

ブログ共々このメイルマガジンも頑張りますのでご支援もほどお願いいたします。



さて、今日は既にブログでは昨日もご紹介しましたが、PHP出版より先日発行され話題を呼んでおります片

岡英明著「スカイラインを超えて」のご紹介です。

http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80201-5

この本は昨年亡くなりました「スカイラインの父」櫻井眞一郎氏の晩年のお話です。

櫻井眞一郎氏といえば・・・・・・

スカイラインであり日本のレースの草分けであり、伝説の「カーガイ」であることはよく知られております。

日本で知らない人が無いと言われたスカイラインを手塩にかけて育て上げました。

中でもケンメリは日産では史上最高の販売台数50万台を記録するなど、その手腕は内外に高い評価された

氏が68歳から立ち上げた晩年の執念とも言うべきプロジェクトのお話です。

画期的なディーゼル浄化システム「デュエットバーン」を開発して高い評価を受け、世の中が既に過去の人と

していた櫻井氏が再度脚光を浴びました。

http://www.sseng.co.jp/service/dbs.php

この櫻井眞一郎氏が人生最後の大プロジェクトに挑んだお話がこの本の骨子です。

それは・・・・・

マグネシューム電池を使いました画期的なHV車でした。

年齢を重ねても次々と難問に挑戦し続けたその姿には、心より感動を覚えざろう得ません。


この本の発行を記念して10名様に贈呈させていただきます。

ご希望の方は以下までお申し出ください。


hs@nostalgic.co.jp


よろしくお願いします。
nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 8

guran

おはようございます!
素晴らしい熱意ですね。
見習いたいです。
by guran (2012-06-28 07:30) 

京男

おはようございます。
偉大な人物だったのですね。
挑戦し続けること。
後に続く人がたくさんでてこないといけませんね。
by 京男 (2012-06-28 07:43) 

くまら

最近の日本人に、こういうバイタリティがあふれてる人
居るんだろうか??
by くまら (2012-06-28 08:13) 

たいへー

歳を重ねても、なお情熱を持って生きる。
素晴らしい事です。
by たいへー (2012-06-28 08:36) 

駅員3

この本は買って読ませていただきます!
読むのが楽しみ~[わーい(嬉しい顔)][揺れるハート]
by 駅員3 (2012-06-28 15:45) 

POP

こんばんは。
私も購入させていただきます。
by POP (2012-06-28 18:33) 

銀狼

櫻井先生と本田宗一郎さんは、
日本が生んだ巨匠だと思っております^^
by 銀狼 (2012-06-29 01:34) 

すー

おはようございます

挑戦しつずけるパワー、いいですね。見習わなくては!
by すー (2012-06-29 04:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0