So-net無料ブログ作成
検索選択

これぞ、クルマの街!! [すごい]

おはようございます。

中京圏一円のロードをしております。

今日はこれぞクルマの街のお話です。
豊田市といえば「トヨタ自動車」の街です。
車関連とりわけトヨタ自動車と関連する企業やそこで働く人が多いです。
まあ、豊田市=トヨタ自動車といいましても過言ではありません。
その豊田市で今年で既に9年目を迎えるすごい活動があります。
それは・・・・・
豊田市生涯学習プロジェクト「ものつくりなぜなぜプロジェクト」です。

http://www.city.toyota.aichi.jp/division/ad00/ad17/1193350/bosyuu03.pdf

まあ、何処でも有るといえば有るのですか・・・・・
その中のクルマ部門がすごいのです!!
それは・・・・・・
小学生による「クルマをレストア」する部門です。

一年をかけて一台のクルマを仕上げるのです!!

P1290188.jpg

P1290185.jpg

P1290180.jpg

レストア対象車はシンプルで扱い易い「パブリカ」です。

P1290153.jpg

真剣な眼差しには驚くばかりです。

P1290161.jpg

P1290159.jpg

工具の手入れもきっちりです。

P1290164.jpg

クルマの出し入れも生徒。

P1290179.jpg

充実した設備を誇ります。

P1290170.jpg

生涯学習といえば高齢者の専売とばかり考えておりましたが、子供にレストアを通してもの創りの楽しさを教えるには脱帽でした。
また、このプロジェクトにはトヨタ自動車関連の企業から、講師やお手伝いとしてボランティアが多数参加しております。
もちろん、トヨタ自動車も「物心」両面での支援はしているとのこと!!
しかも・・・・・
毎年30人程度を募集しているのだか、くじ引きで決めなければいけないほどの人気だという。

鉄は熱いうちに打て!!
 
この子達が将来どんな風に育つのか?
本当に楽しみです!!

今年も「BP名古屋ノスタルジックカーショー2012」でその成果を発表します。

http://www.nostalgic.co.jp/nagoya/index.html

是非、御覧ください!!

すごいCMですね!! [すごい]

おはようございます。

各地から桜の便りが来てます。
今日明日がお花見のピークのようです。
昨年は自粛自粛でしたから・・・・・
今年は!!
大分「力」が入っているようですね。
場所取りも激化しているようです!!
今日から関西一円のロードに出ますので、関西の桜が見れそうなので楽しみです。

さて、今日のご紹介するアイテムは「マツダのCM」です。
アメリカで流されて衝撃を与えているものです。
クルマは今や世界中で絶好調の「マツダCX-5」です。
日本でも大好評で既に7000台を超える予約注文があり、うれしい悲鳴をあげております。
長年にわたり苦戦してきたマツダの救世主になりそうです。

419109.jpg


その虎の子ともいうべきクルマのCMが、つぎつぎこのクルマが壊れて行くと言うもの!!

423400.jpg

これは・・・・・マツダの自信の裏づけ
それとも余裕か?

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vVcJRHWs7LM

それでは、行ってきます!!

犬も歩けば・・・!! [すごい]

おはようございます。

この古いクルマのイベントを22年もやってますが・・・・・
これがあるからやれる!!
これがあるからやってこられた!!
そんなことがたまにあります。

それは・・・・
こんなお店が有りましたか!!
そんな感動を与えてくれるお店と出会えることです。
今回もありました。
それは静岡県御殿場市に有ります「レストア工房」さんです。

http://www.w-m-g.jp/restore/restore.html

驚くべきは以下のように集約されます。

1、組織としての体制で「レストア」をビジネスとしていること。

実は親会社「株式会社カマド」は大型スズキディーラーです。

P1280045.jpg

P1280046.jpg

2、十分な規模を有すること。

P1280047.jpg

3、自社でレストアしてクルマを所有していること。

P1280050.jpg

4、驚くべきミリタリー系車両のコレクション。

P1280051.jpg

P1280053.jpg

5、工房全体のクリーン度。

6、会社全体でバックアップしながら、すべてを一人でこなすシステム。

7、会社全体から伝わる経営者の理念。

そして、一番大事なものは・・・・・
この工房を任された坂本さんのまじめな人柄と情熱と技術力。


P1280052.jpg

さらにこの「レストア工房」を作られた小林社長のコンセプトに感動しました。

こんな工房がもっともっと出来れば、日本のノスタルジック業界も変わる!!

本当に応援したい会社です!!


こんなところに「LFA」!! [すごい]

おはようございます。

昨日はメンテでお休みしました。
朝の8時までというのが「微妙」ですね。
昔は4時までとか5時までだったような気がしますが・・・・
参加者が増えて時間がかかるようになったのでしょうか?
これで改良されればいいのですが・・・・・
いつもの悪い癖のメンテの後のトラブル続出だけは勘弁して欲しい!!
皆様、いかがでしょうか?
さくさくですか?

さて、今日は驚いたお話です。
先日、陸運事務所に用事があり行きました。
そうしますと・・・・・
広い敷地なのですが、一際オーラを放つ車が目に付きました。

そうです!!
トヨタのスーパーカーLFAです。
日本国内で165台しか販売されなかった車です。


http://tinyurl.com/y54sclo


P1270623.jpg

P1270625.jpg

驚きました!!
三千万円以上を出して買う人が近所に居りました!!
しかも十倍近い抽選を勝ち抜いて!!

動画もあります。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Gu4q-s4mS8U

しかも陸運事務所には車関係者が一杯いるのに・・・・・
誰も気がつかない。
いや、知らない。

P1270627.jpg

じっくり見させていただきました。

究極の「復元」」!! [すごい]

おはようございます。

大阪に来ておりますので・・・・・・
雪の心配はありませんでした。
関東各地は大変だったようです!!
近代都市は雪に弱い・・・・ですね。
皆様、お疲れ様でした。

さて、今日は究極の「復元」とは?

そうです、そうです!!
復元と言えば山梨の復元カレラさんです。
何時も行くたびにびっくりさせてくれます。

http://www.restore-g-360.com/owner.html

ここで今回見せていただいたマツダR360クーペ・・・・目が点になりました!!
外観から見れば程度の良い「未再生原車」です。

P1270455.jpg

あれ、ブレてる!!

P1270457.jpg

ではどこが究極か?
それは・・・・・・
今この時で時間をとめたからです!!
50年目のこの時から老化は進行しません。
このままいつまでも存在し続けます。
この状態を保ち続けます。

P1270461.jpg

この錆は一切進行しません!!

P1270465.jpg

内装も一切新しい素材は使わずにオリジナルからこの状態まで仕上げました。

P1270468.jpg

それは・・・・
ボディーを完璧にクリーンニングし、錆の部分はその状態を維持しながら処理し、さらにボデイー全体を特殊なクリアーで何回にもわたり塗装して現状を封じ込めたものです。

これは見て「触れ」ないと分かりません。
今年のノスタルジックカーショーの「目玉」になりそうですね!!

さすがに復元カレラの荻原社長は発想が違います。

あの羽仁正次郎氏をお訪ねしました。 [すごい]

おはようございます。

今日は必見のコレクションです。
本日ご紹介します「羽仁正次郎コレクション」は公開しておりません。
しかし・・・・・
何回見ましても世界最高のコレクションです。
いつも声が出ず、震えが来て、立ちすくんでしまいます。
以前にご紹介してから5年余りが経ちましたが、コレクションも随分増えました。

http://nostalgiccar.blog.so-net.ne.jp/2006-02-27

驚くようなものが更に追加されました。

鹿児島という日本に最南端に近いところに、この素晴らしいコレクションはひっそりと異彩を放っております。

このコレクションも素晴らしいですが・・・・・
一代で羽仁グループを形成し、「クルマの為に働く」と公言して憚らない、羽仁正次郎氏の生き様にも心からの感動を覚えます。

まずは世界で一台の「ドライエ」です。
この美しいラインはいつ見ても感動です。

P1260325.jpg

P1260326.jpg

アメリカのカスタムカーコンテストでNO1に輝いた「CadSter」

P1260313.jpg

P1260315.jpg

素晴らしい仕上がりのサンダーバード。

P1260320.jpg

そして、極めつけは・・・・・!!
バットマンカーです。
映画で使われた本物です。
P1260333.jpg

P1260357.jpg

P1260342.jpg

こんな光景もここならでは。

P1260346.jpg

羽仁社長、いつまでもお元気でご活躍をお祈りしております。

西部警察 札幌に登場か?? [すごい]

おはようございます。

今日は大変びっくりした話題です。
北海道であるショップ行きましたら、札幌に「すごい」人がいるとのこと。
ちょうど北海道のロードが終わり札幌に帰るところだったので・・・・・・
その方に連絡をして時間をお取りいただいた。
その方というのが「後藤眞理人」氏でした。
後藤さんは札幌の「ラジオカロスサッポロ」の社長兼放送局長さんです。

http://www.radiokaros.com/

この方が何ですごいか?
この車を作られたのです!!

P1260149.jpg

大の西部警察ファンなのです。

P1260156.jpg

私の21年間のノスタルジックカーショーでも見たことがありません!!

P1260153.jpg

P1260152.jpg

P1260151.jpg

P1260150.jpg

そうしましたら、次の日にこんなバスツアーがあるという。
もちろん、参加させていただきました。

P1260162.jpg

P1260147.jpg

主催者の右から後藤さん、上野さん、斉藤さんです。

P1260154.jpg

よくよく見てもどこからどこまで作りこまれています。

P1260160.jpg

P1260161.jpg

この後のメインイベントを見たかったのですが・・・・
飛行機の時間で泣く泣く会場をあとにしました。
この様子はすごいですよ!!

http://www.youtube.com/watch?v=1yOV7YwZtWc

これは見たかった!!

日出クラシックパーク 麗灯露 その2 [すごい]

おはようございます。

本日より通常勤務に戻りました。
いよいよ来年に向けての本格始動です。
22年目に入りますが初心を忘れることなく目標に向かいます。
今回の北海道のロードはとても良い経験になりました。
新しい出会いにも感謝感謝です。
参考になるお話や情報など一杯でした。
私自身が「ドキワク」しないで、どうして来場された皆様が「ドキワク」していただけるのか!!
大いなる反省も頻りでした。
来年には・・・・・
イベントの会場に入られた時に「あっと」言わせるものを企画します。
全体像がまとまり次第公開させていただきます。

さて、昨日に続き「日出クラシックパーク 麗灯露」の二回目です。
今回の北海道のロードで三回お邪魔しました。

P1250967.jpg

P1250968.jpg

ファクトリーも充実してます。

P1250966.jpg

土日の営業ですかお天気がいいと大賑わい!!

P1260135.jpg

P1260134.jpg

10日には素晴らしい仕上がりのチェリーF-Ⅱが来店されてました。
P1260132.jpg

今月の10日で今年の営業を終了するとのことでした。
来年は更に充実させるとのことです。

P1250973.jpg

日出クラシックパーク 麗灯露  その1 [すごい]

おはようございます。

無事、一週間の北海道のロードを終へてセントレアに戻りました。
5年ぶりとなる北海道のロードでしたが・・・・・・
皆様に歓迎していただきました。
また、北海道の旧車事情もよくわかりました。
また、お陰様で新しいイベントの立ち上げも視野に入れることができました。
実り多い旅になりました。

さて、今回のロードでの一番の目玉は?
この「日出クラシックパーク 麗灯露」を訪問することでした。

http://repro23.web.fc2.com/newpage13.htm

ここは札幌市内で有限会社横山商事を経営する横山社長が創りましたスペースです。
札幌から50Kmほど離れました夕張に在ります。
小学校の分校に横山社長のコレクションを集めました。
もちろん、販売する車両も在りますよ。

展示は旧体育館だったところ。
この作りは懐かしいです。
P1250956.jpg

P1250961.jpg

子供たちが書いた絵もあります。

P1250959.jpg

横山社長が長年にこの車でレースに挑戦してきました。

P1250958.jpg

クルマ好き、バイク好きがゆっったりできるスペースです。

P1250962.jpg

P1250971.jpg

P1250964.jpg

美味しい珈琲にカレーもお勧めです。

最高の雰囲気でゆっくりとした時間を楽しめます。

快挙です!! [すごい]

おはようございます。

旧聞に属する話題かもしれませんが・・・・
これは是非書きたい話題があります。
凄いことです。
それは先月行われた「鈴鹿8時間耐久ロードレース」の前日におきました。
まあ、バイククルマ好きの方は夏の鈴鹿といえば・・・・8耐となりますね。
もう何回続いているのでしょうか?
夏の風物詩といっても良い状況です。
その8耐の前日に行われる4耐はご存知でしょうか?
これは、次代のトップライダーを目指すアマチュアライダー達のステージです。
簡単に言えば「高校野球の甲子園のようなもの」です。

今年はここでドラマがありました。
史上初の海外参戦組が優勝しました。
それはホンダ『CBR600RR』(#25)を駆る、Boon Siew Honda Racing Malaysia(アズラン・シャ・カマルザマン/モハメド・エミール・フィダウス・ビンハサン組)です。

imgs_zoom_354417.jpg

マレーシア国籍の2人は決勝を2番手からスタート。
最後のライダー交代時でトップを走る ホンダ小島/佐藤組に約32秒のビハインドがあったが、エミールから交代したアズランがゴール直前で逆転、そのままチェッカーとなった。

素晴らしい!!

imgs_zoom_354751.jpg

サーキットも少なく、日本に比べればハンディー一杯のマレーシアから来て、32秒をもろともせず優勝をかっさらったのだ!!
この優勝こそ、今の日本に示唆するものが多いと感じるのは私だけでしょうか?
バイクのモータースポーツ分野という日本のお家芸でも、ひたひたとアジア勢の追撃が迫って来ております。

imgs_zoom_354755.jpg

それにしても、Boon Siew Honda Racing Malaysia(アズラン・シャ・カマルザマン/モハメド・エミール・フィダウス・ビンハサン組) 快挙です!!

心よりおめでとうを言わせてもらいます。

素晴らしい写真は池田忍カメラマンです。